Go to Contents Go to Navigation

BIGBANG事務所トップ「全ての調査に誠実に臨む」 脱税疑惑も

記事一覧 2019.03.22 11:50

【ソウル聯合ニュース】韓国大手芸能事務所、YGエンターテインメントの梁民錫(ヤン・ミンソク)代表取締役は22日、所属歌手だった人気グループBIGBANG(ビッグバン)元メンバー、V.I(ヴィアイ、本名イ・スンヒョン)さんが海外投資家に売春をあっせんした疑いなどで警察の取り調べを受け、同社も国税庁の特別税務調査を受けていることと関連し、全ての調査に誠実に臨む姿勢を示した。

質問に答える梁民錫氏=22日、ソウル(聯合ニュース)

 同日の定時株主総会に先立ち報道陣の質問に応じた。梁氏は「関係機関で行われる調査に誠実に臨む」とし、「(調査の)総合的な結果が出た後、立場と今後の計画をお伝えする機会があるよう願っている」と語った。

 実兄の梁鉉錫(ヤン・ヒョンソク)同社代表プロデューサーが実所有者とされるソウルのクラブが一般飲食店として登録され、個別消費税を脱税した疑いがあることに関しては、「申し訳ない」と述べるにとどめた。国税庁の特別税務調査については「調査中の事案なので、お話しするのは難しい」とした。

 また、同社の株価急落で株主の国民年金公団が損失を被ったと指摘されると、「株主の利益のため最善を尽くす。株主価値の向上に努める」と応じた。

 所属歌手の管理がおろそかだったとの指摘には「社会的責任に対しては厳しく受け止めている」としながら、「追って立場を明らかにする」と話した。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。