Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮メディア 日本の対北独自制裁延長方針を非難

記事一覧 2019.03.25 17:28

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は25日の論評で、日本政府が北朝鮮に対する独自制裁の期限を延長する方針を決めたことについて、「流れに逆行する平和破壊勢力に対しては国際社会の糾弾と排撃が強まるだろう」と批判した。

北朝鮮の朝鮮中央通信は日本政府が北朝鮮に対する独自制裁の期限を延長する方針を決めたことについて、流れに逆行する行為と批判した(コラージュ)=(聯合ニュース)

 日本の対北朝鮮独自制裁は、北朝鮮に対する輸出入の全面禁止と船舶の入港禁止を骨子とするもので、4月13日に期限が切れる。これについて日本メディアは先ごろ、独自制裁を2年間延長する日本政府の方針を自民党が了承したなどと報じた。

 論評は「意味のない敵対行為により日本は現実的な被害をこうむっている」とし、日本が世界の流れである対北朝鮮外交から排除されていると指摘した。 

 また、制裁にこだわるよりも、北朝鮮住民に行った過去の罪悪を謝罪し清算するのが将来のためになるだろうと主張した。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。