Go to Contents Go to Navigation

金正恩氏 15日ぶり公開活動=米朝会談後の戦略固まる?

記事一覧 2019.03.27 09:29

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は27日、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が25、26日に平壌で開かれた朝鮮人民軍の中隊長・中隊政治指導員大会を指導したと報じた。

金正恩体制の第2期がスタートする(コラージュ)=(聯合ニュース)

 金委員長が公の場に登場したのは、10日に最高人民会議(国会に相当)の代議員選挙の投票所に姿を見せてから15日ぶりだ。

 ベトナム・ハノイで開かれた2回目の米朝首脳会談が物別れに終わった後、北朝鮮に戻って投票所を訪れた以外に目立った公式活動がなかった金委員長が、国内の政治行事を通じて再び公開活動を開始したことから、米朝首脳会談以降の戦略がある程度固まったのではないかとの観測が出ている。

 来月11日に開かれる最高人民会議や、これに先立ち行われる朝鮮労働党の政治局会議や中央委員会全員会議などで今後の政策を明らかにする見通しであることから、金委員長が本格的な行動を開始したとも分析される。

 北朝鮮が中隊長・中隊政治指導員大会を開催するのは、2013年以来6年ぶり。金委員長が最高指導者に就任してからは2回目となる。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。