Go to Contents Go to Navigation

韓米外相会談 29日ワシントンで開催=米朝会談決裂受け対応協議へ

記事一覧 2019.03.27 11:25

【ソウル聯合ニュース】韓国の外交部は27日、同部の康京和(カン・ギョンファ)長官とポンペオ米国務長官が29日午後(米東部時間)、ワシントンで会談すると発表した。物別れに終わった2回目の米朝首脳会談(2月27~28日)後の状況を確認し、今後の対応などについて議論するという。

2月15日、ポーランドで会談する康氏(右)とポンペオ氏(外交部提供)=(聯合ニュース)

 康氏は現地時間の今月29日午前、ニューヨークで開かれる国連の平和維持に関する閣僚級会合に出席した後、ワシントンを訪れる予定だ。

 両氏の会談は2回目の米朝会談後初めて。同1日に電話会談した際、早期の会談開催で一致していた。

 米朝会談の決裂後、米国は北朝鮮に対する圧力を強める一方、韓国は開城工業団地や金剛山観光の再開など南北経済協力への意欲を重ねて示しており、対北朝鮮政策を巡り両国の間に溝ができたとの見方が出ている。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。