Go to Contents Go to Navigation

文大統領 きょう日本など外資系企業と懇談会=就任後初

記事一覧 2019.03.28 08:48

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は28日、韓国に進出している外資系企業の経営者を青瓦台(大統領府)に招き、懇談する。出席者は約60人で、日本企業関係者も含まれている。文大統領が外資系企業関係者とこうした場を持つのは2017年5月の就任後初めて。

文大統領(資料写真)=(聯合ニュース)

文大統領(資料写真)=(聯合ニュース)

 青瓦台側は「在韓外国企業の経営者が現場で感じる問題を積極的に聞き取るという趣旨」と説明した。

 懇談会では政府の経済、労働政策を中心に幅広い対話が行われ、企業側は規制改革関連の懸案に言及すると予想される。

 在韓米国商工会議所をはじめとする在韓外国商工会議所は昨年11月、「外国企業が韓国の投資環境を正確に予測するには、規制の予測可能性と透明性が重要だ」とする声明を発表している。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。