Go to Contents Go to Navigation

大韓航空に続きアシアナもトップ交代 監査報告書不備で引責辞任

記事一覧 2019.03.28 15:59

【ソウル聯合ニュース】アシアナ航空などを傘下に持つ韓国中堅財閥のクムホアシアナグループは28日、朴三求(パク・サムグ)会長がグループの経営から退くと発表した。

朴三求氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 朴氏はアシアナ航空の監査報告書を巡り金融市場に混乱を招いた責任を取り、グループ会長、系列のアシアナ航空とクムホ産業の代表取締役と取締役、クムホ高速の取締役を辞任する。グループ内で持つ全ての役職から退くことになる。

 前日の27日には大韓航空の定時株主総会で、同社を中核とする財閥、韓進グループを率いる趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長の取締役再任案が否決された。その直後の朴氏の辞任は大きな波紋を呼びそうだ。

 アシアナ航空は今月22日に公開した監査報告書で、監査人から財閥企業としては異例の「限定」(限定付き適正)意見を受け、市場が動揺した。そのあおりで、クムホ産業も「限定」意見を受け、株式市場で両社株の売買が22日から25日まで停止された。

 両社は26日、再監査を経て「適正」意見を受けた監査報告書を公示したが、財務諸表の訂正によりアシアナ航空の昨年の業績が悪化するなどして市場の不信感が強まった。

 朴氏は27日に政府系・韓国産業銀行の李東杰(イ・ドンゴル)会長と会い、金融市場におけるアシアナ航空の信頼回復に向けた協力を求めたという。

 クムホアシアナグループは、グループの経営に空白が生じないよう努めるとし、「早いうちに外部から名声のある人をグループ会長に迎える計画だ」と伝えた。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。