Go to Contents Go to Navigation

米朝対話の勢い維持が鍵 北の動向見守る=韓国外相

記事一覧 2019.03.31 16:56

【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は31日、米ワシントンでポンペオ国務長官との会談を終え、仁川国際空港に到着した。康氏は空港で記者団に対し、米朝対話の再開について、「米朝高官協議のモメンタム(勢い)を維持することが一番の鍵となることで(ポンペオ氏と)認識が一致した」として、「北の動向をもう少し見守る必要があるとの評価があった」と述べた。

仁川空港に到着した康氏=31日、仁川(聯合ニュース)

 康氏はポンペオ氏との会談で、来月11日にワシントンで予定されている韓米首脳会談の準備状況を確認し、先月27~28日にベトナム・ハノイで開かれた2回目の米朝首脳会談後の北朝鮮の状況などについて意見交換したと説明した。ただ、「具体的な状況については公にできない」と述べた。

 両氏が直接会談するのは米朝首脳会談後初めて。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。