Go to Contents Go to Navigation

サムスン電子の権五鉉氏 サラリーマンの年収トップ=韓国

記事一覧 2019.04.01 20:58

【ソウル聯合ニュース】韓国の大企業のオーナー(支配株主)のうち、昨年最も多くの報酬を受けたのはコーロングループ会長を退いた李雄烈(イ・ウンヨル)氏だった。

コーロングループ会長を退いた李雄烈(資料写真)=(聯合ニュース)

 オーナーではない経営者では、サムスン電子の権五鉉(クォン・オヒョン)会長が約70億ウォン(約6億8000万円)の報酬を受け、トップだった。

 各社が1日までに公開した昨年の事業報告書によると、繊維業を中核とする財閥、コーロングループの創業者の孫で23年にわたりグループを率いてきた李氏は退職金410億7000万ウォンを含め、約455億ウォンの報酬を受けたことが分かった。

 高額の退職金という要素を除けば、企業オーナーのうち、最も多くの報酬を受けたのは、ゲーム大手のNCソフトの金澤辰(キム・テクジン)社長とみられる。金氏は賞与120億9300万ウォンを含め、138億3600万の報酬を受けた。同社のスマートフォン(スマホ)向けMMORPG(大人数が参加するロールプレイングゲーム)の「リネージュM」のヒットが影響した。

 中堅財閥CJグループの李在賢(イ・ジェヒョン)会長は昨年、136億8400万ウォンの報酬を受けた。

 大韓航空を中核とする財閥、韓進グループを率いる趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長は昨年、グループ会社5社から合計107億1815万ウォンの報酬を受けた。前年よりも40億ウォン以上増えた。趙氏は先月開かれた定時株主総会で取締役再任案が否決され、経営権を失うことになった。

 アシアナ航空などを傘下に持つ中堅財閥のクムホアシアナグループの朴三求(パク・サムグ)会長は昨年14億2300万ウォンの報酬を受けた。朴氏はアシアナ航空の監査報告書を巡り金融市場に混乱を招いた責任を取り、グループ内で持つ全ての役職から退くことを発表した。

 現代自動車グループの鄭夢九(チョン・モング)会長はグループ会社から合計95億ウォンを受けた。

 2017年に152億ウォンの報酬を受け、大企業オーナーで報酬額1位を記録したロッテグループの辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)会長は昨年、グループ会社から合計78億1700万ウォンの報酬を受けた。 

 辛氏は朴槿恵(パク・クネ)前大統領らへの贈賄罪などに問われて昨年2月に一審で実刑判決を言い渡され、身柄を拘束された。昨年10月の控訴審で執行猶予付き判決を受けて釈放され8カ月ぶりに経営に復帰したが、この間の年俸を自主的に返納したため報酬が減った。

 韓国経済団体の全国経済人連合会(全経連)で会長を務める、GSグループの許昌秀(ホ・チャンス)会長は昨年77億6500万ウォンの報酬を受けた。

 SKグループの崔泰源(チェ・テウォン)会長は昨年、前年比約3倍となる60億ウォンの報酬を受けた。

 LGグループの具光謨(ク・グァンモ)会長は昨年約13億ウォンの報酬を受けた。

 サムスングループ経営トップの李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長は2017年3月以降、サムスン電子からは給与を受けておらず、報酬の公開対象から外された。

 企業のオーナーではない経営者のうち、最も高額の報酬を受けたのはサムスン電子の権会長で、70億3400万ウォンの報酬を受けた。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。