Go to Contents Go to Navigation

観光産業復活へ意欲 「韓国の魅力生かす」=文大統領

記事一覧 2019.04.02 16:02

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は2日、仁川・松島で開かれた拡大国家観光戦略会議に出席した。文政権発足後、首相の主宰で年に1度開催されてきた同会議に直接出席したのは、落ち込んでいる観光産業の復活を支援する狙いとみられる。

会議で発言する文大統領(中央)。左は李洛淵(イ・ナクヨン)首相=2日、仁川(聯合ニュース)

 中国が反対する米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国配備問題で中国人観光客が急減するなどの危機があったが、中国との対立を解消するとともに、北朝鮮の核問題を巡る朝鮮半島情勢も変化していることから、観光産業の復活を加速化させていく方針だ。

 文大統領は会議で、「われわれに好意的なアジア諸国との交流拡大、われわれの文化と技術が観光潜在力」として、新しい観光拠点都市の指定・育成などを行い、観光産業を復活させる計画を表明。「韓国が持つ魅力を十分に生かせば、旅行収支黒字国に発展できる」と述べた。

 会議は複合的な観光政策に必要な連携を強化するため、文政権の国政課題として設置された協議体。観光関連の政府高官や地方自治体関係者、民間企業関係者ら約150人が出席した。

 韓国観光公社によると、昨年韓国を訪れた外国人観光客数は前年比で15.1%増え、1500万人を超えた。今年は1800万人の外国人客を誘致する目標を掲げている。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。