Go to Contents Go to Navigation

DMZ「平和の道」造成 南北協力基金から4億円超支援=韓国政府

記事一覧 2019.04.03 11:05

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は3日に南北交流協力推進協議会を開き、一般人が民間人統制線を越えて非武装地帯(DMZ)に立ち入り、見学できるよう「DMZ平和トゥルレキル」と呼ぶ道を造成する事業に、南北協力基金からおよそ44億ウォン(約4億3000万円)を支援することを決めた。

韓国(左)と北朝鮮(右)が昨年行ったGP撤去の様子(資料写真)=(聯合ニュース)

 平和トゥルレキル事業は南北軍事合意に基づいて撤去したDMZ内の監視所(GP)などを中心に道をつなぎ、DMZの平和的利用を促進する事業。支援金は、民間人統制線から撤去したGPまでの区間に監視カメラなど安全のための設備やトイレを設置するために使われる。

 統一部の関係者は「南北協力事業ではないが、昨年9月に結んだ南北軍事合意の履行の一環であり、DMZを平和地帯とするための初期事業になることから、事業費の一部を南北協力基金から支援することにした」と説明している。

 韓国と北朝鮮は昨年9月の南北首脳会談に合わせて締結した軍事分野合意書で、DMZを平和地帯とするための実質的な軍事的対策を講じると約束した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。