Go to Contents Go to Navigation

5Gスマホ 一般向けサービス開始=韓国通信3社

記事一覧 2019.04.05 11:06

【ソウル聯合ニュース】韓国の通信大手3社は5日午前、大容量、超高速の第5世代(5G)移動通信システム対応スマートフォン向けの一般サービスを本格的に開始した。

韓国で携帯通信向け5Gサービスが始まった(イラスト)=(聯合ニュース)

 KTはこの日午前、ソウル市内でサムスン電子の5G対応スマホ「ギャラクシーS10 5G」の発売記念パーティーを開催。俳優のイ・ジェフンさんが出席し、加入者との写真撮影などのイベントを行った。

 会場には中国国営中央テレビ(CCTV)、日本のテレビ朝日など海外メディア約10社が集まり、世界初の5Gサービスへの関心の高さをうかがわせた。

KTの「ギャラクシーS10 5G」発売記念パーティー会場=(聯合ニュース)

 SKテレコムも同日午前、「ギャラクシーS10 5G」の開通イベントを開き、同社の5Gサービスの最初の加入者で、広報大使を務める2010年バンクーバー五輪フィギュアスケート女子金メダリストのキム・ヨナさんが出席した。

キム・ヨナさん(左から3人目)をはじめとするSKテレコムの第1号加入者(同社提供)=(聯合ニュース)

 LGユープラスは4日夜に「ギャラクシーS10 5G」開通前夜祭を開催し、拡張現実(AR)ダンスコンテストのライブ放送や5Gサービスの体験イベントなどを行った。

LGユープラスのイベント会場でサービスを体験する歌手のチョンハさん(中央、同社提供)=(聯合ニュース)

 科学技術情報通信部と通信大手3社は、当初5日から5Gスマートフォン向けの商用化を行う計画だったが、米通信大手ベライゾンが11日に予定していた商用化を4日に前倒しするとの情報を入手し、急きょ3日午後11時に各社の第1号5G加入者のみを対象にサービスを開始し、「世界初」の称号を守った。

 その後追加点検を経て、5日に一般加入者を対象にした5Gスマートフォンのサービスが開始された。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。