Go to Contents Go to Navigation

職業別平均年収 トップは国会議員=韓国調査

記事一覧 2019.04.05 15:40

【ソウル聯合ニュース】公共機関の韓国雇用情報院が5日に発表した「2017韓国の職業情報」報告書によると、韓国国内で平均年収が最も高い職業は国会議員で1億4000万ウォン(約1400万円)と集計された。

国会議員バッジ=(聯合ニュースTV)

 報告書は17年8月現在、618の職業に就く1万8972人を対象に分析した。国会議員は毎年、同報告書で平均年収の最上位グループに入るが、1位になったのは異例だ。次いで形成外科(美容外科含む)の医師が1億3600万ウォン、企業上級役員(CEO)が1億3000万ウォン、皮膚科医が1億2000万ウォン、導船士(水先案内人)が1億2000万ウォン、大学総長・学長が1億1000万ウォンなどと続いた。

 一方、平均年収が最も低い職業は詩人で、1000万ウォンに満たなかった。作詞家(1100万ウォン)や放課後教師(1500万ウォン)、映画やドラマのエキストラ(1500万ウォン)、小説家(1550万ウォン)なども低かった。

 また、社会的評判や雇用安定性、発展の可能性、勤務環境などの点数を合算した職業満足度は教育系の教授(35.33点)が最も高く、次いで耳鼻咽喉科医(34.52点)、形成外科医(33.57点)、内科医(33.37点)、歯科医(33.13点)と続いた。上位2~5位は全て医師だった。

 職業満足度が最も低いのはエキストラ(16.40点)だった。建設・鉱業の単純作業員(17.06点)や漁師・海女(18.10点)なども最下位グループに入った。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。