Go to Contents Go to Navigation

韓国の「11:45」が新大久保に日本1号店 チーズスティック販売

韓日関係 2019.04.05 16:38

【河東聯合ニュース】韓国南部の慶尚南道河東郡は5日、地元に本社を置く農業会社法人「福をつくる人々」のフランチャイズ店「11:45 A Hungry Time」が東京に日本1号店となる新大久保店をオープンしたことを明らかにした。韓国に12店舗を開いたのに続き、東京にも進出した。

「11:45 A Hungry Time」日本1号店(河東郡提供)=(聯合ニュース)

 同法人は先月、在日コリアンが経営する会社とマスターフランチャイズ契約を結び、教育や店の内装、広報などをサポートした。

 新大久保店ではプルコギ味、タッカルビ味など4種の「デーロン(BIG&LONG)チーズスティック」と約10種類のドリンクを扱う。

 同法人が開発したデーロンチーズスティックはコメやトウガラシ、タマネギ、ネギ、ニラ、ニンニク、ショウガなどの食材を使い、チーズスティックと韓国料理や中華料理を組み合わせたフュージョン料理だ。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。