Go to Contents Go to Navigation

スピードスケート李相花と小平に「韓日友情賞」 「奈緒のおかげで挑戦続けられた」

記事一覧 2019.04.07 14:25

【ソウル聯合ニュース】2018年に韓国で開催された平昌五輪・パラリンピックのレガシー(遺産)の継承に取り組む「2018平昌記念財団」は7日、ソウル市内で「韓日友情賞」の授賞式を開き、平昌五輪スピードスケート女子500メートルの金メダルを競い合った後、抱き合って互いの健闘をたたえた韓国の李相花(イ・サンファ)選手(30)と日本の小平奈緒選手(32)に同賞を贈った。

「韓日友情賞」を受け取った李(右)と小平=7日、ソウル(聯合ニュース)

 同財団の柳承敏(ユ・スンミン)理事長は「韓国と日本の多くの国民は勝敗と関係なく、両選手が見せたスポーツマンシップと友情に非常に感動した」として、「両選手の友情はオリンピック精神を象徴する」とあいさつ。「韓日友情賞の授賞を契機に隣人である韓国と日本のスポーツ交流を含むいろいろな分野の民間交流が活性化することを望む」と述べた。

 李は「奈緒と長い間、真のスポーツマンシップを交わしたおかげでこの賞をもらえたと思う」と感想を話し、「ソチオリンピック後、けがで引退を考えていたが、奈緒が挑戦の精神を呼び起こし、挑戦を続けることができた」と小平に感謝の気持ちを伝えた。

 小平は「レース後にお互いをたたえ合った姿が思いかけず大きな注目を浴びたが、私たちにとってあのような情景は特別なものではなく、ごく自然なものだった」と説明。平昌五輪後、李が「奈緒がいて私がいる。私がいて奈緒がいる」とのメッセージを送ったとして、「これはお互いから学び、励まし、励まされ、選手として人として成長してきた私たちを表すメッセージだと感じた」と語り、「平昌五輪で生まれた数々の感動がレガシーとして受け継がれ、さらにより良い方向へ発展していくことを願っている」と話した。

 李と小平は、この10年間韓国と日本を代表するスピードスケートのトップ選手としてライバル関係を築いてきた。

 李はスピードスケート女子500メートルで10年のバンクーバー大会、14年のソチ大会と五輪2連覇を果たし、続く平昌大会でも金メダルが期待されたが、小平が36秒94のタイムで金メダル、李は37秒33で銀メダルを獲得した。

 3連覇を逃した李が悔し涙を流しながらも観客の声援に応えていたところ、小平が李のそばに行き、肩を抱いてねぎらった。金メダルをかけベストを尽くした互いをたたえ合う姿は、平昌五輪の名シーンとして記憶されている。

平昌五輪でレースを終え、李(左)の肩を抱く小平(資料写真)=(聯合ニュース)

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。