Go to Contents Go to Navigation

ソウル・景福宮の夜間特別観覧 26日から=韓国

記事一覧 2019.04.08 15:00

【ソウル聯合ニュース】ソウル中心部にある朝鮮王朝時代の王宮、景福宮の夜間特別観覧が26日から10月31日まで行われる。韓国文化財庁が8日、発表した。

景福宮の興礼門(文化財庁提供)=(聯合ニュース)

 夜間特別観覧は26日から5月5日まで実施後、8月を除く毎月最後の2週間と秋夕(中秋節、今年は9月13日)の連休期間の9月12~15日に行われる。観覧期間は合計72日間。

 夜間観覧時間は4~5月、9~10月が午後7時から9時30分、6~7月は午後7時30分から10時まで。1日最大4500人(一般客3400人、韓国の伝統衣装「韓服」着用者500人、外国人500人、満65歳以上100人)まで観覧できる。

 4月の観覧券購入と韓服着用者の無料観覧券の予約は今月12日から、チケット予約サイトのオークションチケットやインターパークチケットで可能。有料観覧券は1人4枚まで購入でき、無料観覧券は1人2枚まで予約できる。観覧料は一般観覧と同じ3000ウォン(約300円)だが、初日の26日は無料となる。

景福宮の夜間特別観覧が26日から始まる(資料写真)=(聯合ニュース)

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。