Go to Contents Go to Navigation

統一相ら5人の閣僚任命 野党反発で政局混迷の恐れ=韓国

記事一覧 2019.04.08 15:22

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は8日、統一部長官候補の金錬鉄(キム・ヨンチョル)氏や中小ベンチャー企業部長官候補の朴映宣(パク・ヨンソン)氏ら5人を閣僚に正式に任命した。最大野党「自由韓国党」は金氏と朴氏の任命に反対したため、与野党の対立が一層激化する見通しだ。

金氏に任命状を手渡す文大統領(右)=8日、ソウル(聯合ニュース)

 文大統領は2日、国会に金氏と朴氏の人事聴聞経過報告書を7日までに送付するよう要請したが、野党の反対により報告書は期限までに採択されなかった。残り3人の報告書は採択されている。

 青瓦台(大統領府)の高官は金氏と朴氏の任命について、「これ以上待つ事案ではない」との認識を示していた。文大統領は10日、トランプ米大統領との首脳会談のため米国に出発する予定で、出発前に新閣僚の任命手続きを終えたい狙いだったとみられる。

 文政権に入り、国会で人事聴聞報告書が採択されずに任命される閣僚級は11人となった。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。