Go to Contents Go to Navigation

安倍首相 離任の韓国大使に徴用工問題への「適切な対応」要求

韓日関係 2019.04.08 19:48

【東京聯合ニュース】安倍晋三首相は8日、離任する李洙勲(イ・スフン)駐日韓国大使と首相官邸で面会した。日本の外務省によると、安倍首相は「旧朝鮮半島出身労働者」(日本による植民地時代に強制徴用された被害者)問題や旧日本軍の慰安婦問題などに対する韓国側の適切な対応を求め、文在寅(ムン・ジェイン)大統領に伝えるよう要請した。

李大使(資料写真)=(聯合ニュース)

 また、安倍首相と李大使は北朝鮮問題を巡る両国の連携の重要性を改めて確認した。

 安倍首相は先週、韓国北東部で大規模な山火事が発生したことについて、被災者にお見舞いのメッセージを伝達した。

 李大使は面会後、記者団に対し、「離任のあいさつ」をしたとして、面会の具体的な内容は明らかにしなかった。

 李大使は2017年10月に就任した。後任には前青瓦台国家安保室第2次長の南官杓(ナム・グァンピョ)氏が内定している。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。