Go to Contents Go to Navigation

韓国統一相 離散家族の映像面会所訪問へ=就任後最初の現場視察

記事一覧 2019.04.11 17:47

【ソウル聯合ニュース】韓国の金錬鉄(キム・ヨンチョル)統一部長官が就任後最初の視察先として、朝鮮戦争などで生き別れになった南北離散家族の映像を通じた再会のため改修・補修工事が行われている離散家族画像面会所を来週初めに訪問し、大韓赤十字社を訪れ朴庚緒(パク・ギョンソ)会長と面談する方向で調整を進めている。複数の政府関係者が11日、明らかにした。

金錬鉄長官=(聯合ニュース)

 金氏は8日に就任した。ある消息筋は金氏の大韓赤十字社訪問について「離散家族問題の重要性などを考慮したもの」と説明した。

 映像での離散家族再会に向けては、2005~07年の面会で使われ今は老朽化したシステムの全面的な改修や交換が必要で、韓国側だけでなく北朝鮮側で使われる設備もある。韓国政府はそのために国際社会から北朝鮮制裁の例外認定を取り付けた。韓国内の13カ所の面会所では3日から改修・補修作業が始まった。

 ただ、南北関係において最近は北朝鮮が消極的な姿勢を見せており、韓国側は映像による離散家族再会に向けた協議の開催を北朝鮮側に提案する時期を慎重に検討している。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。