Go to Contents Go to Navigation

文大統領 米朝対話維持が重要=米国との連携確認

北朝鮮 2019.04.12 02:43

【ワシントン聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は11日、米ワシントンでトランプ大統領と会談した。文大統領は会談の冒頭、米朝の非核化交渉について、「重要なのは対話のモメンタム(勢い)を引き続き維持すること」として、「近いうちに3回目の朝米(米朝)首脳会談が開かれるという希望を与えることが重要だ」と強調した。

会談する文大統領(左)とトランプ大統領=11日、ワシントン(聯合ニュース)

 また、物別れに終わった2月末の米朝首脳会談について、「決して失望することではなく、より大きな合意に向かうプロセス」と表明。「トランプ大統領が金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)に信頼を示し、北が軌道から離脱しないよう管理していることを高く評価し、感謝する」と述べた。

 その上で、「韓国と米国は北の完全な非核化の最終的な状態、非核化の目的について完ぺきに一致した考えを持っている」として、「完全な非核化が終わるまで、連携することを約束する」と言明した。

 文大統領は「トランプ大統領と金委員長が直接会った後、朝鮮半島の軍事的な緊張が大きく緩和され、平和ムードがつくられた」とし、「北の核問題もトランプ大統領が対話を通じて必ず解決すると韓国国民は信じている」と説明。「朝鮮半島の情勢変化はトランプ大統領の強力なリーダーシップのおかげ」と評価した。

kimchiboxs@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。