Go to Contents Go to Navigation

トランプ大統領 金正恩氏と「良い関係」=北朝鮮との追加会談議論

記事一覧 2019.04.12 02:57

【ワシントン聯合ニュース】トランプ米大統領は11日、ホワイトハウスで韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と首脳会談し、「北朝鮮問題に関連し、多くの進展があった」として、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)について、「良い関係を持っている。今後、見極めなければならないが、良い結果が出ると思う」と述べた。

握手を交わす文大統領(左)と文大統領=11日、ワシントン(聯合ニュース)

 また、「金正恩氏を尊敬する」として、「良いことが起きることを期待している」と強調した。

 トランプ氏は「望んでいたことを実現できなかったが、合意した部分もある」と説明。「金委員長との関係は非常に良い。こうした良い関係を引き続き維持する」との考えを示した。

 特に、「北朝鮮は巨大な潜在力を持っている」とし、「文大統領とこの懸案について議論し、北朝鮮との追加会談についても議論したい」と表明。「引き続き(北朝鮮と)対話することを望む」と述べた。

 韓国との関係については、「両国関係はいつにもまして緊密だ」と言及した。

 また、「文大統領と貿易、軍事装備の購入に関して議論する」として、「韓国は戦闘機やミサイルなど、米国から巨額の軍事装備を購入することにした」と明らかにした。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。