Go to Contents Go to Navigation

開城団地などの再開「適切な時期ではない」 核放棄なら可能=トランプ氏

北朝鮮 2019.04.12 03:08

【ワシントン聯合ニュース】トランプ米大統領は11日、ホワイトハウスで韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と首脳会談し、南北経済協力事業の開城工業団地や金剛山観光の再開について、「今は適切な時期ではないと思う」との認識を示した。

会談する文大統領(左)とトランプ大統領=11日、ワシントン(聯合ニュース)

 トランプ大統領は「適切な時期になると、北朝鮮を支援する」と述べた。

 また、「日本や米国、中国、ロシアなど多くの国が北朝鮮を支援すると思う」として、「北朝鮮が核を放棄すればこうした支援ができる」と強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。