Go to Contents Go to Navigation

現代・起亜自動車の電気自動車販売 1~3月期に急増

記事一覧 2019.04.14 17:13

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車と子会社の起亜自動車の電気自動車(EV)の販売が昨年の2.6倍に増え、エコカー販売の成長をリードしている。

現代の「コナ・エレクトロニック」(同社提供)=(聯合ニュース)

 現代と起亜によると1~3月期の両社のハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、EV、燃料電池電気自動車(FCEV)などエコカー18種の国内と海外の販売台数は7万5242台で、前年同期の6万2590台より20.2%増加した。国内販売は2万540台で17.2%増、海外販売は5万4702台で21.3%増加した。

 このうちEVの販売台数は2万1148台で、前年同期の8152台より159%増え、高い伸びを示した。国内販売台数は同53.9%増の4986台だった。海外販売台数は1万6162台で前年同期(4905台)に比べ3倍以上急増した。新モデルの販売が本格化した影響とみられる。

 エコカーに占めるEVの割合は28.1%で、前年同期(13.0%)の2倍に高まった。

 HVが中心だった現代と起亜のエコカーは2014年からEVの販売が本格化し、15年に初めてHVの割合が80%台に下がり、EVが占める割合が15.7%を記録した。

 16~17年はPHVの人気によりEVの割合が10%までに落ち込んだが、昨年発売された小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「コナ」と小型クロスオーバーSUV「ニロ」のEVモデルの好調で21.1%に上昇した。

 両社の関係者は「エコカーの競争力を確保するためHVからRV、FCEVに至るまで開発を進めている。SUVを好む人が増え、EVの販売はコナ、ニロ、ソウル(SOUL)などを中心に拡大されるだろう」との見通しを示した。

起亜の「ニロEV」(同社提供)=(聯合ニュース)

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。