Go to Contents Go to Navigation

発売間近のサムスン折り畳みスマホ 厚さ17ミリ・重量263グラム

記事一覧 2019.04.16 14:27

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子は16日、折り畳み(フォルダブル)式スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーフォールド」の来月の韓国発売を前に、厚さや重量、バッテリー容量などのスペックを公開した。

ギャラクシーフォールド(サムスン電子提供)=(聯合ニュース)

 同社によると、ギャラクシーフォールドの折り畳んだときの厚さは薄い部分が15.5ミリ、厚い部分が17.0ミリ。開いたときの厚さは6.9ミリ、ヒンジ部分のフレームまで含めると7.5ミリになる。

 重量はわずか263グラム。中国の華為技術(ファーウェイ)の折り畳みスマホ「Mate X」に比べてやや厚みはあるが、重量は軽い。今年半ばに発売されるMate Xの重量は295グラム、厚さは折り畳んだ状態で11ミリとされる。

 バッテリー容量はギャラクシーフォールドが4380ミリアンペアアワー(mAh)、Mate Xが4500mAhで、両社の一般のスマホと比べて大差はない。サムスン電子はただ、韓国で販売する次世代の高速通信規格「5G」対応モデルではバッテリー容量を4235mAhに減らした。

 ギャラクシーフォールドのそのほかのスペックはすでに公開された通り。折り畳むと外側に4.6インチ、開くと内側に7.3インチのディスプレーがあり、背面と前面に計6台のカメラを搭載する。韓国での発売は5月中旬になる見通しだ。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。