Go to Contents Go to Navigation

文大統領「私たち皆の喪失」 ノートルダム寺院の火災受け

社会・文化 2019.04.16 15:33

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は16日、フランスのパリ中心部にある観光名所、ノートルダム寺院(大聖堂)で15日夜(日本時間16日未明)に大規模な火災が発生し、屋根や尖塔(せんとう)が焼け落ちるなど大きな被害が出たことを受け、「ノートルダム大聖堂は人類の歴史の重要な宝物の一つ。私たち皆の喪失だ」とフェイスブックに書き込んだ。

ノートルダム寺院の火災を受けて文大統領がフェイスブックに投稿した文章=(聯合ニュース)

 また、「再建を進める中でわれわれの人類愛はより成熟して発揮されるだろう」とし、「フランス国民の自由と平等、博愛の精神は決して火災でくじかれはしない。マクロン大統領も勇気を失わないでほしい」とつづった。

tnak51@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。