Go to Contents Go to Navigation

カカオフレンズ売り場 日本で「WEGO」8店舗にオープンへ

韓日関係 2019.04.19 14:09

【ソウル聯合ニュース】韓国IT大手カカオが運営するコミュニケーションアプリ「カカオトーク」のキャラクター「カカオフレンズ」が、カジュアルウエアショップ「WEGO」の東京や福岡、大阪などにある8店舗にお目見えする。カカオフレンズのキャラクター事業を手掛けるカカオアイエックスは19日、WEGOと提携し8店舗に同時出店すると発表した。 

カカオフレンズはすでに「WEGO」原宿竹下通り店に出店している(資料写真、カカオアイエックス提供)=(聯合ニュース)

 同社はカカオフレンズのキャラクター、アピーチをコンセプトにした公式ストアを昨年12月に東京にオープンし、10~20代の女性から人気を集めている。

 一方、カカオによると、日本で約150の店舗を展開するWEGOも10~20代に支持されるブランドだ。カカオアイエックス関係者は「今回の(WEGOとの)提携がカカオフレンズの活動の幅を日本全域に広げる重要な出発点になるよう最善を尽くす」と述べた。

mgk1202@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。