Go to Contents Go to Navigation

金大中・元韓国大統領夫人 入院先で危篤状態

記事一覧 2019.04.21 14:44

【ソウル聯合ニュース】韓国の故金大中(キム・デジュン)元大統領夫人の李姫鎬(イ・ヒホ)氏(96)が入院先で危篤状態に陥っていることが21日、分かった。

2018年8月、夫の追悼式に出席した李氏=(聯合ニュース)

 李氏と近い人物などによると、同氏は1カ月ほど前に健康状態が急激に悪化してソウル市内の病院に入院。現在、持病の肝臓がんなどにより危篤状態だという。

 今月20日には長男で元国会議員の金弘一(キム・ホンイル)氏が急死したが、李氏は意思疎通を取るのが不可能な状態だ。

 ただ、金大中平和センター側は「高齢の方にみられる症状」とし、危篤説を否定した。

sarangni@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。