Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮との交流継続 韓国文化体育観光相が方針

記事一覧 2019.04.22 17:11

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴良雨(パク・ヤンウ)文化体育観光部長官は22日、就任後初の記者懇談会で、文化・体育分野での南北交流・協力の重要性を改めて強調し、来年の東京五輪での南北合同チーム結成、「キョレマル(民族語)大辞典」の共同編さん、北朝鮮・開城にある高麗時代の王宮遺跡「満月台」の共同発掘調査などを通じ北朝鮮との協力を続ける方針を示した。

記者懇談会に出席した朴良雨長官=22日、世宗(聯合ニュース)

 朴氏は「文化交流こそ南北交流のアルファでありオメガだと思う。南北交流は主に結果が注目されるが、実際はその過程や準備が重要だ。交流の窓口は統一部だが、計画を立て執行し、コンテンツを扱う官庁は文化体育観光部なので意思疎通を絶やさずに準備する」と説明した。

 また、「南北関係は容易ではない。ときには実用的アプローチが必要であり論理的な努力と論理的ではない努力を共に進めなければならない」と述べた。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。