Go to Contents Go to Navigation

報奨旅行の外国人団体客 上半期に7千人=ソウル市

社会・文化 2019.04.23 15:06

【ソウル聯合ニュース】大規模なインセンティブ旅行として今年上半期にソウルを訪れる外国人の団体客が約7000人に上る見通しだ。インセンティブ旅行は、優秀な成績を収めた社員などを対象に会社が報奨として提供する。

ソウル市は大規模なインセンティブ旅行を支援している(同市提供)=(聯合ニュース)

 ソウル市は23日、海外から1社当たり1000人以上の規模のインセンティブ旅行で今年ソウルを訪れたか上半期中に訪問を予定する企業は、4社の計約7000人に上ると伝えた。前年同期は3社、約4000人だったが、人数が75%急増することになる。

 大規模なインセンティブ旅行先としてソウルを選んだのは大手の生命保険会社など。一部の旅行は、MICE(国際会議、報奨旅行、展示会などの総称)訪問客増加を目指すソウル市の支援プログラムの対象となった。市とソウル観光財団は、ソウルで2連泊以上、全参加者の宿泊が計100泊以上の企業・団体に対し、会議室レンタル料やイベント企画などをサポートしている。

mgk1202@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。