Go to Contents Go to Navigation

現代自動車の営業益21%増 SUVで収益性改善=1~3月

記事一覧 2019.04.24 16:15

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車が24日発表した1~3月期の連結決算によると、本業のもうけを示す営業利益は前年同期比21.1%増の8249億ウォン(約800億円)、売上高は同6.9%増の23兆9871億ウォンだった。営業利益の売上高に対する割合を示す営業利益率は3.4%で前年同期比0.4ポイント上昇した。完成車の販売台数は減ったもののスポーツタイプ多目的車(SUV)の販売が増加し、収益性が改善した。

現代自動車の大型SUV「パリセード」=(聯合ニュース)

 同社の1~3月期の世界販売台数(卸売りベース)は前年同期比2.7%減の102万1377台だった。国内販売は18万3957台で8.7%増加した一方、海外販売は83万7420台で4.9%減少した。

 中でも、中国販売は13万1000台で19.4%急減。同社は販売減で稼働率が落ちた北京第1工場の操業中断を決定している。

 また、海外最大市場である北米での販売も2.5%減の19万8000台と20万台を割り込んだ。インド市場での販売は3.4%減の13万3000台だった。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。