Go to Contents Go to Navigation

金正恩氏 プーチン氏と「地域情勢の安定・共同管理」議論

記事一覧 2019.04.25 15:47

【ウラジオストク聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)は25日、ロシアのプーチン大統領と1対1で会談した後、双方の代表団が加わる拡大会合に臨んだ。金委員長は冒頭発言で、今回の訪ロについて、「直接会って互いに意見を交換し、世界が関心を持って見ている焦眉の関心事である朝鮮半島や地域情勢について意見を交換する」として、「今後、戦略的に地域情勢の安定を図り、共同で情勢を管理していく問題について踏み込んだ意見」を交わすためと述べた。

会談する金委員長(左)とプーチン大統領=25日、ウラジオストク(EPA=聯合ニュース)

 また、「伝統的な両国の関係を新しい世紀の要求に合わせ、健全かつ発展的に育てていく問題について(意見を)交換する目的がある」とした。

 両氏は午後2時10分ごろから約2時間、1対1で会談した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。