Go to Contents Go to Navigation

大気汚染問題に取り組む大統領直属機関発足 抜本策提言へ=韓国

記事一覧 2019.04.29 15:58

【ソウル聯合ニュース】韓国で微小粒子状物質(PM2.5)などによる大気汚染問題の解決に取り組む大統領直属の「国家気候環境会議」が29日に正式に発足し、本格的な活動に入った。会議は潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長が委員長を務め、政党や産業界、学会、市民社会、政府などから42人が委員として参加する。

発足式であいさつする潘氏=29日、ソウル(聯合ニュース)

 会議は幅広く国民の意見を集め、大気汚染問題の根本的な解決策を政府に提案する役割を担う。

 潘氏はソウル市内で開かれた発足式で「粒子状物質(問題)の解決を国民が私に与えた最後の課業と考え、悲壮な覚悟で委員長職を遂行する」と意欲を示した。また経済協力開発機構(OECD)加盟国の中でPM2.5の濃度が高い100都市のうち、韓国から44都市が入ったとの報道に言及し、「中国、インドなどが盛り込まれていない統計とはいえ、衝撃を受けた。国家的な危機」と強調。「過剰というほどの粒子状物質の削減案をつくるべきだ」と訴えた。

 その上で、「粒子状物質問題を解決するためには中国など隣国との協力が極めて重要だ」としながら、「その協力を両国にとって実質的な利益にするためには、まず国内の粒子状物質の排出源を画期的に減らす努力を先行させなければならない」との認識を示した。

 会議は来月中に、500人からなる国民政策参加団の構成に着手し、国民の意見が政策に反映されるようにする方針だ。粒子状物質の削減や被害予防、科学技術、国際協力など分野別の専門委員会も設置する。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は発足式にメッセージを寄せ、「政府も強く後押しする。会議で決まった事項は政策に反映し推進する」との意向を示した。メッセージは盧英敏(ノ・ヨンミン)大統領秘書室長が代読した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。