Go to Contents Go to Navigation

韓国産のキク「白馬」 日本に通年輸出へ

記事一覧 2019.04.30 13:53

【ソウル聯合ニュース】韓国農村振興庁は30日、韓国産のキクの品種「白馬」が四季を通じて日本に輸出されるシステムが整ったと明らかにした。

韓国産の「白馬」(手前、農村振興庁提供)=(聯合ニュース)

 白馬は直径約13.6センチの白いキクで、供花や花輪などに使われる。

 2004年に農村振興庁が開発したこの品種は、見栄えがよく寿命が約1カ月と長いことから日本で好評を得た。

 同庁は「日本は年間約20億本のキクを消費し、このうち3億本を輸入が占める大きな市場だ」としながら「(白馬は)暖房費の負担が大きいため冬季の生産が難しく、主に8~9月の夏季にのみ輸出していた」と説明した。

 これに対し農村振興庁は中国海南省に白馬の生産拠点を設け、年中生産できるシステムを備えた。

中国の生産拠点(農村振興庁提供)=(聯合ニュース)

 日本の輸入関係者や葬祭業者らは、白馬が純白で大きく花弁が多い上、収穫後の寿命が他の品種の2倍と長い点を高く評価し、輸入を希望しているという。

 農村振興庁は今年2月から今月まで計14万本を日本に輸出した。今後も中国内での生産量拡大に向け、産業界への支援を行うという。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。