Go to Contents Go to Navigation

パイロットらの飲酒取り締まり徹底 韓国政府が指針

記事一覧 2019.05.02 10:08

【ソウル聯合ニュース】韓国政府が、パイロットなど航空従事者、管制官、客室乗務員らに対する飲酒と薬物の取り締まりをより体系的に管理する。

ジンエアーの旅客機(資料写真)=(聯合ニュース)

 国土交通部は2日、「航空従事者および客室乗務員の酒類など測定・取り締まり業務指針」を先月30日に制定し、現場で適用していると明らかにした。

 同指針は飲酒・薬物取り締まりの手続きを徹底的に管理し、摘発者に関する記録や管理を体系的にするために設けられた。

 現行の航空安全法は、パイロット、客室乗務員、管制官、運航管理士、整備士らが飲酒状態で業務に携わることを薬物・幻覚物質の服用とともに禁じている。摘発者は即時に業務から外され、精密測定結果が記録として残り、資格停止などの処分を受ける。

 韓国では昨年11月、大韓航空子会社の格安航空会社(LCC)、ジンエアーのパイロットが飛行直前に実施された飲酒検査でアルコールが検知された。このパイロットは勤務前日の夜に知人ら3人と一緒に焼酎8本を飲んだ。国土交通部はパイロットに対し資格停止90日の処分を決定。管理・監督の責任があるジンエアーに対しては4億2000万ウォン(現在のレートで約4000万円)の課徴金を課した。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。