Go to Contents Go to Navigation

韓国軍 北朝鮮が短距離ミサイル発射=米圧力に反発か 

記事一覧 2019.05.04 10:08

【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部は4日、北朝鮮が同日午前9時6分ごろ、短距離ミサイルを発射したと明らかにした。東部の元山一帯から東側に発射しており、韓米当局が詳細な情報を分析しているという。

北朝鮮のミサイル(資料写真)=(聯合ニュース)

 北朝鮮のミサイル発射は2017年11月29日の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」以来、1年5カ月ぶり。

 韓国軍関係者は「数発のミサイルを発射した可能性がある」と伝えた。

 韓米軍当局はミサイルの種類や発射意図などを分析している。

 2月末の米朝首脳会談が物別れに終わってから約2カ月後に行われた北朝鮮のミサイル発射は、対北圧力の維持を強調する米国の基調に「反発」する立場を示したものと解釈される。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。