Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮の飛翔体は「地対地」 挑発的なものではない=韓国情報機関

記事一覧 2019.05.06 17:51

【ソウル聯合ニュース】韓国の情報機関、国家情報院は6日、北朝鮮が4日に発射した短距離飛翔体について、「外見上は地対地(兵器)に見える」とした上で「過去のような挑発的なものには見えない」と国会情報委員長に報告した。同委員長が明らかにした。

北朝鮮の朝鮮中央テレビは5日、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の立ち会いの下、4日に火力打撃(攻撃)訓練を実施したと報じた=(朝鮮中央テレビ=聯合ニュース)

 国家情報院はまた、飛翔体の発射に関して「対外的な圧迫用の性格を持つが、非核化交渉のテーブルをひっくり返す意図はないようだ」と説明したという。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。