Go to Contents Go to Navigation

サムスン電子 16カ国で働きたい企業トップ10入り

記事一覧 2019.05.07 09:06

【ソウル聯合ニュース】英調査会社ユーガブが世界38カ国・地域で1730の企業ブランドを対象に実施した今年の調査で、韓国のサムスン電子が16カ国で働きたいブランド上位10位以内に入ったことが7日、分かった。トップ10入りした国・地域数は米グーグル(23カ国・地域)に次いで多い。米アップル(13カ国・地域)は3番目だった。

ユーガブが今年の調査結果を発表した(同社ウェブサイトから)=(聯合ニュース)

 サムスン電子はフィリピンで、昨年に続き今年も働きたいブランド1位に選ばれた。フランスとオランダ、ノルウェー、ベトナムではそれぞれ2位、韓国とドイツ、インドネシアで3位だった。

 同社がトップ10入りした16カ国での順位を前年と比較すると、ベトナム(前年1位から今年2位)とサウジアラビア(同6位から7位)以外はいずれも順位を上げた。この1年でサムスン電子のイメージが全般的に向上したといえる。米国では3ランクアップの7位で、グーグル(8位)より上位だ。

 一方、韓国では昨年と同じく3位にとどまった。韓国で最も働きたい企業ブランドに選ばれたのはグーグルで、次いでLGだった。また、サムスン電子は日本や中国、ロシア、ブラジル、イタリアなどでトップ10に入れなかった。

 財界関係者は「働きたい会社に挙げられるということは、ブランドイメージの良さだけでなく、企業の社会的責任の面でも好評を得ているといえそうだ」とし、サムスン電子が米欧を中心に先進国で高い順位を記録した点に注目した。本国の韓国で1位でないことに関しては「過去の政経癒着のマイナスイメージや、近ごろの財閥改革と検察の捜査などがマイナス評価につながった」との見解を示した。

サムスン電子(コラージュ)=(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。