Go to Contents Go to Navigation

アシアナ航空 収益性改善へ9月からファーストクラス廃止 

記事一覧 2019.05.07 14:50

【世宗聯合ニュース】韓国航空大手のアシアナ航空が収益性改善のため、旅客機のファーストクラスを全て廃止する。

アシアナ航空のA380型機(資料写真)=(聯合ニュース)

 同社は7日、6機の旅客機で運営しているファーストクラス座席を9月1日から「ビジネススイート席」に転換すると発表した。座席の改造は行わず、転換後はビジネスクラスと同一のサービスを提供する。運賃は現在のファーストクラスよりも平均3~4割安く設定する。

 同社は収益性を高めるため2017年にほとんどの旅客機でファーストクラスを廃止しており、現在は所有する航空機85機のうち主に長距離路線に投入する6機のA380型機のみで運営している。あまり売れないファーストクラスをビジネススイートに変え、価格を抑えれば座席の販売率が上がり、多少なりとも収益性が改善すると同社は見込んでいる。

 一方、アシアナ航空は7月8日から、収益性の低い路線に挙げられるソウル(仁川)― インド・デリー、ソウル―ロシア・ハバロフスク、ソウル―ロシア・サハリン路線を運休する。ハバロフスク線とサハリン線は、当初は9月から運休する予定だったが、前倒しする。

 アシアナ航空を中核とする錦湖アシアナグループは先月、経営難のため同社の売却を決定した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。