Go to Contents Go to Navigation

中国は「北朝鮮に対話意思」と判断 韓国国会議長

記事一覧 2019.05.08 14:35

【北京聯合ニュース】韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長は8日午前、中国・北京の釣魚台で韓国メディアの記者団との懇談会を開き、中国共産党の序列3位である全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会の栗戦書委員長ら中国高官と会談した結果について、「中国は北がまだ対話の意思があり、対話の扉が開かれていると判断している」と述べた。

懇談会で発言する文氏=8日、北京(聯合ニュース)

 また、「(栗氏に対し)中国の(米朝対話の)促進者としての役割が重要だと話した」として、「北側に非核化をすれば中国やベトナムのようにいくらでも体制保証が可能であることを話すよう要請した」と説明。「中国は4回目の南北首脳会談を含め、朝鮮半島の非核化問題への協力に非常に肯定的だった」として、「南北首脳会談に関連し、中国が一定の役割を果たすと表明した」と伝えた。

 北朝鮮が4日に飛翔体を発射したことに関しては「中国側から特別な言及はなかった」とし、「朝米(米朝)関係を放棄するものとしては解釈していないようだった」と述べた。

 国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁については、中国が責任のある国として加わる意向を示す一方、北朝鮮の非核化努力に合わせ、一部の制裁緩和を検討する必要があるとの姿勢を表明したと伝えた。

 また、栗氏に対し、習近平国家主席の韓国訪問を要請したという。

 文氏は栗氏や中国外交担当トップの楊潔チ共産党政治局員とそれぞれ会談したのに続き、8日には王岐山・国家副主席らと会談した後、帰国の途に就く。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。