Go to Contents Go to Navigation

大韓航空会長死去でお家騒動か 次期グループ総帥の届出に遅れ

記事一覧 2019.05.08 18:47

【ソウル聯合ニュース】大韓航空を中核とする韓国の財閥、韓進グループを率いてきた創業家出身の趙亮鎬(チョ・ヤンホ)氏が死去したことで、同グループの経営権を巡り「お家騒動」が起きていることが分かった。

左から長女の趙顕娥氏、次女の趙顕ミン氏、長男の趙源泰氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓進側はこれまで趙前会長の長男である趙源泰(チョ・ウォンテ)大韓航空社長による経営権継承が順調に進んでいると説明していた。

 公正取引委員会は8日、韓進グループがグループ総帥の変更申請書を8日時点で提出していないため、10日予定していた「公示対象企業集団」の発表を5日先送りすると発表した。「公示対象企業集団」は条件を満たした一定規模以上の資産を持つ企業集団が指定されるもので、指定されると各種の公示義務などが生じる。

 公正委によると、韓進側は趙亮鎬氏が死去した後、次期総帥を誰にするのか内部で意思を統一できず、変更申請ができないと公正委に説明したという。

 公正委の発表直後、韓進グループの関係者らは「公正委に提出する書類の準備が遅れて出せないとだけ聞いていた」とし、経営権を巡る争いがあることを把握していなかったと口をそろえた。

 財界関係者は「家族内の内密な経営権争いであるため、社内でも側近のごく少数だけがこのような事実を把握していたものとみられる」と話した。

 韓進グループの創業家には、いわゆる「ナッツ・リターン」事件で知られる長女の趙顕娥(チョ・ヒョンア)氏、パワハラが取りざたされた次女の趙顕ミン(チョ・ヒョンミン)氏がいるが、同グループは長男の趙源泰氏がグループの経営権を継承し、長女や次女もこれに同意したと明らかにしていた。

 また故人が「家族と協力して仲良く(グループを)率いてしていきなさい」と遺言したことが伝わり、お家騒動はないとの見方が出ていた。

 創業家内に経営権を巡る争いがあることが明らかになり、趙源泰社長がグループの経営権を安定的に確保できるかに注目が集まる。

 韓進グループは持ち株会社の韓進KALが大韓航空やジンエアーなど系列会社を支配する構造で、韓進KALは趙亮鎬前会長が持分17.84%、趙源泰氏が2.34%、趙顕娥氏が2.31%、趙顕ミン氏が2.30%を保有している。そのため相続の過程で長女と次女の協力がなければ、趙源泰氏の経営権確保は楽観できない。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。