Go to Contents Go to Navigation

ユーチューブアプリ利用時間 50歳以上が最長=韓国

社会・文化 2019.05.14 13:43

【ソウル聯合ニュース】韓国で最もよく利用されているスマートフォン(スマホ)アプリは動画投稿サイト「ユーチューブ」で、その視聴時間が最も長い年齢層は50歳以上だった。アプリ分析会社のワイズアップが14日、アンドロイドスマホのユーザー3万3000人を対象にした標本調査の結果を発表した。

韓国の50歳以上がよく使うアプリと、その利用時間。黄色のグラフが2018年4月時点、赤色が19年4月時点(ワイズアップ提供)=(聯合ニュース)

 韓国でユーチューブアプリの総利用時間(4月)は388億分だった。年齢層別にみると、50歳以上の利用時間が101億分で、全体の26%を占めた。昨年4月時点では51億分だったが、1年間で2倍に延びた。次いで10代が89億分、20代が81億分、30代が61億分、40代が57億分の順。

 1人当たりの平均視聴時間は10代が1895分(月31時間35分)で最も長く、20代(1625分)、50歳以上(1045分)、30代(988分)、40代(781分)と続いた。

 ユーチューブアプリの利用時間はこの1年で50%増加した。他の主なアプリの利用時間はカカオトークが19%増の225億分、ネイバーが21%増の153億分、フェイスブックが5%増の42億分。いずれもユーチューブの増加率を大きく下回っており、利用時間の差がさらに広がった。 

韓国人の主なアプリ利用時間(ワイズアップ提供)=(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。