Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮への食糧支援 9月までに=韓国統一部

政治 2019.05.14 14:50

【ソウル聯合ニュース】韓国の統一部当局者は14日、記者団に対し、北朝鮮への食糧支援の時期について、国連世界食糧計画(WFP)が秋の収穫期までの5~9月を支援が必要な時期と明記したとして、「その評価に基づき、5~9月と考えている」と述べた。

あいさつする金氏(左)とビーズリー氏=13日、ソウル(聯合ニュース)

 また、「9月(末までの支援)がWFPの要請事項」と明らかにした。

 WFPと国連食糧農業機関(FAO)は今月初旬に発表した報告書で、「適切かつ緊急の人道的行動を取らなければ収穫が減る5~9月に状況が一層悪化する可能性がある」と指摘した。

 同当局者は13日に同部の金錬鉄(キム・ヨンチョル)長官とWFPのビーズリー事務局長が会談した際、ビーズリー氏が具体的な支援規模については要請しなかったと伝えた。

 韓国政府は2017年、WFPの北朝鮮への支援に450万ドル(約5億円)の供与を決めたが、執行はしていない。

 ビーズリー氏は聯合ニュースとの書面インタビューで、「差し迫った食糧不足を解消し、北朝鮮(住民)の栄養欠乏を長期的に改善するためには、韓国政府がより多くの支援金を提供する必要がある」とし、増額の必要性を指摘した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。