Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(5月17日)

記事一覧 2019.05.17 18:24

◇国際機関の対北支援に800万ドル供与へ 開城団地訪問も承認=韓国

 韓国政府は17日、国際機関の対北朝鮮人道支援事業に800万ドル(約8億8000万円)を供与する方針を発表した。また、北朝鮮との経済協力事業で現在は操業を中断している開城工業団地に拠点を構える韓国企業の関係者が4月末に提出した訪朝申請を承認することを決めた。

開城工業団地=(聯合ニュース)

◇リビアで拉致の韓国人解放 UAEが積極支援

 韓国青瓦台(大統領府)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長は17日、記者会見を開き、昨年7月にリビア南西部で武装勢力に拉致された60代の韓国人が16日午後(日本時間)、315日ぶりに解放されたと発表した。鄭氏によると、今年の2月末にソウルで開催されたアラブ首長国連邦(UAE)との首脳会談で、UAEの事実上の最高権力者、アブダビ首長国のムハンマド皇太子が文在寅(ムン・ジェイン)大統領に人質の解放を支援すると表明。UAE政府が事件の解決に乗り出し、無事に解放される結果につながったという。

リビアで拉致された韓国人が315日ぶりに無事解放された(コラージュ)=(聯合ニュース)

◇北朝鮮への食糧支援 安保と関係なく同胞として検討=韓国高官

 青瓦台の鄭義溶国家安保室長は17日の会見で、北朝鮮への食糧支援について「食糧問題は安全保障事項とは関係なく人道的な面から、とりわけ同胞として検討すべきと考える」と述べた。北朝鮮が最近ミサイルを発射したことで、食糧支援が困難になったのではないかとの質問に答えた。

◇与党と最大野党の支持率いずれも下落 14ポイント差に

 世論調査会社の韓国ギャラップが発表した与党「共に民主党」の支持率は前週より2ポイント下落した38%、最大野党「自由韓国党」は同1ポイント下落の24%となり、いずれも小幅下落した。両党の支持率の差は15ポイントから14ポイントに縮まった。文在寅大統領の支持率は前週より3ポイント落ち込んだ44%、不支持率は2ポイント上昇し47%となった。

◇早すぎる暑さ 今年も記録的猛暑に?

 季節外れの暑さが続き、今年の夏も昨年のような猛暑になるのではないかとの不安感が広がっている。気象庁の関係者は「最近の暑さは南から暖かい風が流れ込み、全国的に晴れて日中の強い日差しが加わったためだ」と説明した。昨年8月1日には江原道・洪川で41.0度、ソウルでも39.6度と観測史上最高気温を記録したが、気象庁は今年の夏の暑さは昨年には及ばないとの見通しを示した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。