Go to Contents Go to Navigation

開城団地企業関係者の訪朝 「日程などを北と協議」=韓国政府

記事一覧 2019.05.20 11:54

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の李相旻(イ・サンミン)報道官は20日の定例会見で、南北経済協力事業で現在は操業を中断している北朝鮮・開城工業団地に拠点を構える韓国企業の関係者の訪朝に関し、「具体的な日程、政府が支援すべき部分について北側と継続して協議していく」と述べた。

李相旻報道官(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国政府は17日、開城工業団地の関係企業が資産点検のために申請した訪朝を承認した。訪朝申請の承認は2016年2月に同団地の操業が中断してから初めて。

 北朝鮮との協議では団地の再稼働を念頭に置くのではなく、資産の点検が目的であることを強調するのかと問われると、李氏は「政府は基本的に財産権保護の観点から訪朝を承認した」としながらも、「開城工業団地は南北関係の発展、朝鮮半島平和のために必要かつ重要な手段であり、再開が必要だとの立場だ」と述べた。その上で、再開に向けた環境を整えるため努力すると伝えた。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。