Go to Contents Go to Navigation

トランプ氏 米朝首脳会談決裂の理由に言及「北朝鮮が核施設一部のみ廃棄」

記事一覧 2019.05.20 19:16

【ソウル聯合ニュース】トランプ米大統領は19日(現地時間)、ベトナム・ハノイで2月に開かれた2回目の米朝首脳会談の際、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が同地の5カ所の核施設のうち1~2カ所のみを廃棄する考えを示したと明らかにした。

トランプ米大統領(資料写真)=(AP=聯合ニュース)

 トランプ氏はこの日、米FOXニュースのインタビューに応じ、イランの核保有を容認しないとの意思を強調する過程で北朝鮮の事例を取り上げた。

 北朝鮮に関して、トランプ氏は「絶えず核実験があり、絶えずミサイルが発射された。非常に大変な時期だった」と過去の状況に触れた後、2回目の米朝首脳会談について言及した。

 トランプ氏は会談終了後、金委員長に対して「(金委員長は)合意する準備ができていない」と伝え、その理由について、核施設が5カ所あるにもかかわらず、1~2カ所の廃棄を望んでいたと説明した。

 その上で、残りの3カ所をどうするのか問い、合意をするのであれば、本当の合意をしたいと伝えたという。

 トランプ氏は「しかし、彼らは過去2年間どのような実験も行わなかった」とした上で、自身の就任後には「少しの間かなり激しいやりとりをした時期があった。それからは実験がなかった」と強調し、「何が起こるか見守ろう」と述べた。

 ハノイでの米朝首脳会談が物別れに終わった直後、トランプ氏は北朝鮮北西部・寧辺以外の核施設の存在を理由に挙げていた。

 トランプ氏は当時現地で行った記者会見で「寧辺よりプラスアルファ(の非核化措置)を望むのか」との質問に「さらに必要だ」としながら、寧辺の施設以外に「われわれが発見したものがあった」と説明した。ポンペオ米国務長官も「寧辺の核施設のほかにも非常に規模の大きな核施設がある」と述べていた。

 だが、トランプ氏が今回言及した5カ所は、米政府が把握した正確な数値なのか、また北朝鮮内のどのような施設を指すのかなどは明らかになっていない状態だ。

ハノイで開かれた米朝首脳会談での両首脳(資料写真)=(EPA=聯合ニュース)

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。