Go to Contents Go to Navigation

対北食糧支援「さまざまな検討必要」=韓国大統領府関係者

政治 2019.05.20 19:55

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の関係者は20日、記者団に対し、北朝鮮への食糧支援について「国民世論などさまざまな検討を経なければならない過程がまだ残っている」と述べ、世論の動向や各界の意見を把握しながら慎重にアプローチするとの立場を改めて示した。

青瓦台(資料写真)=(聯合ニュース)

 「韓国政府が北への人道的支援を決定したにもかかわらず北のメディアは韓国を非難し続けている。北が支援を拒否する可能性も考慮しているのか」との質問に、「北の意見や立場までわれわれが推測するのは難しい」と答えた。

 ただ、統一部が17日に発表した国連世界食糧計画(WFP)や国連児童基金(ユニセフ)による対北朝鮮人道支援事業への拠出はできるだけ早期に行われるよう手続きを進めていると説明した。

hjc@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。