Go to Contents Go to Navigation

次世代の韓流スター育成へ 韓国団体が受講生募集

記事一覧 2019.05.21 14:03

【ソウル聯合ニュース】韓国放送芸術人団体連合会は21日、新たな韓流をリードする大衆芸術分野の次世代の人材を育成するため、韓流人材養成プロジェクト「K―PAEC」の1期生を募集すると発表した。

オーディション番組「プロデュース48」を通じて結成された韓日混成ガールズグループ、IZ*ONE(アイズワン)=(聯合ニュース)

 K―PAECは、韓国放送芸術人団体連合会が文化体育観光部、韓国コンテンツ振興院の支援を受けて今年から実施するアーティストの能力強化および道徳教育プログラムだ。

 教育は放送芸術人団体連合会の付設教育機関、韓国大衆文化芸術院が担当し、講師として韓流第1世代の俳優、声優、コメディアン、プロデューサー、放送作家、スタッフなどが参加する。

 総合的な実務教育のほか、近ごろ芸能界を騒がせている自殺、薬物、性、パニック障害、飲酒運転、ネット上の悪質なコメントなどの問題に適切に対処できる道徳教育を並行して行う。

 演技分野は24日まで、韓国大衆文化芸術院ホームページ(k-paec.kr/wp)で参加申し込みを受け付ける。満19歳以上なら誰でも応募でき、映像オーディションと実技・面接を経て受講生を選ぶ。受講料は全額無料。歌手分野は6~7月に募集される。

K―PAEC1期生を募集するポスター(韓国放送芸術人団体連合会提供)=(聯合ニュース)

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。