Go to Contents Go to Navigation

「日本は水泳大国」 駐韓大使に世界選手権への協力要請=光州市長

記事一覧 2019.05.22 09:59

【ソウル聯合ニュース】韓国南西部の光州市によると、同市の李庸燮(イ・ヨンソプ)市長は21日に長嶺安政・駐韓日本大使と会談した。李氏は同市で7月に開かれる世界水泳選手権に言及し、「水泳大国の日本から多くの選手団や応援団が参加することを期待している」と述べた。

世界水泳のマスコットを手に記念撮影する李氏(左)と長嶺氏(光州市提供)=21日、光州(聯合ニュース)

 2020年東京五輪の前哨戦ともいえる今大会は7月12~28日に行われる。8月5~18日には水泳愛好家らが出場するマスターズ大会が開かれる。

 長嶺氏は大会の成功を祈るとともに、日本から多くの選手が参加できるよう関係機関に要請する意向を表明。両国のスポーツ交流が一層活発になることに期待を寄せた。

 李氏も「経済、文化、青少年などさまざまな分野で両国や都市間の実質的かつ活発な交流が行われることを望む」と応じた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。