Go to Contents Go to Navigation

東京五輪の合同チーム結成 「北との協議必要」=韓国当局者

芸能・スポーツ 2019.05.23 15:18

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の当局者は23日、来年の東京五輪に出場する韓国と北朝鮮の合同チーム結成に関し、「南北間の直接協議が必要な状況だ」と記者団に述べた。

南北とIOCは2月に東京五輪での合同チーム結成に向けた3者会談を開き、バスケ女子など4競技での結成に合意した=(聯合ニュース)

 同当局者は、南北間の連絡協議業務を担当する開城の南北共同連絡事務所など多角的なチャンネルを通じて北朝鮮側に合同チームの日程について伝えていると説明した。

 南北と国際オリンピック委員会(IOC)は2月にスイス・ローザンヌのIOC本部で開かれた会合で、女子バスケットボール、女子ホッケー、ボート、柔道の4競技で南北が合同チームを結成し東京五輪に出場することで合意した。IOCは3月の理事会で、東京五輪開会式での南北選手団合同入場と南北合同チーム出場を承認した。

 韓国政府は、2月にベトナム・ハノイで行われた米朝首脳会談が物別れに終わってからも、東京五輪出場権の確保に向けた予選の日程などを考慮し、南北チャンネルを通じて北朝鮮に対し協議が必要だとの立場を伝えているが、北朝鮮側は反応を示していないという。

hjc@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。