Go to Contents Go to Navigation

韓国の5G商用化 アジア太平洋諸国と共有へ=ソウルで国際会議

IT・科学 2019.05.28 09:00

【ソウル聯合ニュース】韓国科学技術情報通信部はソウル中央郵便局で28、29の両日、「アジア太平洋地域5G最高経営者会議」が開かれると伝えた。会議では世界で最初に次世代通信規格「5G」の商用化に成功した韓国の経験がアジア・太平洋地域の国と共有される。

「5G」に対応したサムスンのスマートフォン発表会(資料写真)=(聯合ニュース)

 携帯通信事業者の国際団体、GSMアソシエーション(GSMA)が開催する今回の会議には、5Gの商用化を準備している日本やシンガポールなど8カ国の政府関係者、携帯事業者などが出席。5Gの商用化戦略や仮想現実(VR)、拡張現実(AR)など5G用のコンテンツのほか、スマート工場や自動運転などのための5G融合サービスのビジネスモデルについても議論が行われる。

 28日には5Gの商用化政策や、5Gに関連する産業の活性化、設備の共同利用などについて話し合うとともに、韓国の5G商用サービスの現状が紹介される。

 また5Gのセキュリティー問題、5Gによって変化する経済や社会などをテーマにした討論も実施される。

 29日にはAR、ゲームなどB2C(企業対消費者間取引)向けのサービス、スマート工場、自動運転などB2B(企業間取引)向けのサービスなど5Gを基盤とする多様な融合サービスをテーマに議論する。

yugiri@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。