Go to Contents Go to Navigation

[韓流]韓国ドラマ「サイン」 日本でリメーク

記事一覧 2019.05.28 14:19

【ソウル聯合ニュース】韓国SBSテレビは28日、同局で2011年に放送されたドラマ「サイン」が日本でリメークされると発表した。

2011年に放送された韓国ドラマ「サイン」(SBS提供)=(聯合ニュース)

 日本版は「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」と題し、7月からテレビ朝日系で放送される。俳優の大森南朋が主演する。

 「サイン」はさまざまな事件の真相を突き止める天才法医官のユン・ジフンと新人法医官のコ・ダギョンが、真実を隠そうとする絶対権力に立ち向かう姿を描いた。俳優パク・シニャンがユン・ジフンを、女優キム・アジュンがコ・ダギョンを演じた。

 韓国で初めて法医学を扱ったドラマとして話題を集め、最高視聴率25.5%を記録。「大韓民国コンテンツアワード」の放送映像グランプリ部門で大統領賞も受賞した。

「サイン」の日本版「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」が7月から放送される(テレビ朝日提供)=(聯合ニュース)

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。